DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第35巻 第65号 >

地山強度の時間依存性を考慮した変状予測と補強工法の効果に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
35_65_15.pdf577.62 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 地山強度の時間依存性を考慮した変状予測と補強工法の効果に関する研究
その他のタイトル: Deformation Perdiction and Effect of Reinforcement Method by Considering Time Dependency of Rock Strength
著者: 蒋, 宇静 / 藤崎, 雅史 / 川田, 晶仁 / 棚橋, 由彦
著者(別表記) : Jiang, Yujing / Fujisaki, Masashi / Kawata, Masahito / Tanabashi, Yoshihiko
発行日: 2005年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.35(65), pp.95-100; 2005
抄録: Soft rock has the characteristic of time dependency, that is to say, creep and/or deterioration of strength. Ground-pressure toward tunnel lining due to the deterioration of compressive strength of surrounding rocks is expressed by using a finite difference method, which can express forcefully the plastic flow and large-strain deformation behaviour. Based on excavation simulations of tunnel by considering the time dependency of rock strength, judgment of the rational maintenance period and management method are discussed Furthermore, the effect of proposed reinforcement methods on controlling development of deformation and plastic zones are also examined.
キーワード: time dependency / deformation prediction / reinforcement method / tunnel
URI: http://hdl.handle.net/10069/3772
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第35巻 第65号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3772

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace