DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第35巻 第65号 >

五島・有福湾における「潮通し」の効果に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
35_65_16.pdf644.52 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 五島・有福湾における「潮通し」の効果に関する研究
その他のタイトル: Study on the effects of New Tidal Channel for Seawater Exchange in the Arifuku Bay, Gotoh Islands in Japan
著者: 太田, 元 / 古本, 勝弘 / 夛田, 彰秀 / 猶木, 昌史 / 古賀, 恵美子 / 松本, 武士
著者(別表記) : Ohta, Gen / Frumoto, Katsuhiro / Tada, Akihide / Naoki, Masafuki / Koga, Emiko / Matsumoto, Takesi
発行日: 2005年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.35(65), pp.101-107; 2005
抄録: The Arifuku Bay located in the middle part of Gotoh Islands, Japan has been enclosed by two dikes for the roadway since 1984. In recent years, the red tide often occurs in the Arifuku Bay during every summer or autumn season because of increasing fish culture facilities. As a countermeasure against enhancement of seawater exchange in this bay, the construction of a new flow channel through the southwestern dike is projected. This study deals with the results of field observations on tidal currentsand numerical simulations on tidal currents in the Arifuku Bay.
キーワード: tidal current / tidal channel / numerical simulation / ADCP
URI: http://hdl.handle.net/10069/3773
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第35巻 第65号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3773

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace