DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 学術雑誌論文 >

Larval rearing without aeration: a case study of the seven-band grouper Epinephelus septemfasciatus using a wave maker


ファイル 記述 サイズフォーマット
FisSci73_1199.pdf108.34 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Larval rearing without aeration: a case study of the seven-band grouper Epinephelus septemfasciatus using a wave maker
著者: Sakakura, Yoshitaka / Shiotani, Shigeaki / Shiozaki, Masashi / Hagiwara, Atsushi
発行日: 2007年 9月
出版者: 日本水産学会 / The Japanese Society of Fisheries Science
引用: Fisheries Science, 73(5), pp.1199-1201: 2007
抄録: マハタ種苗生産の初期減耗を軽減する飼育技法開発の基礎知見を得るために,通気による従来の飼育方法(容量1 kL,φ130 ㎝,水深70 ㎝:通気量200 mL/分)と,直径5 ㎝の球を水面で上下させて(1 Hz)水面に波を発生させる造波装置を用いた飼育方法で仔魚の生残を比較した。21 日間の飼育実験での造波装置の生残率は55.5%(n=1)で,対照区のそれ(11.6±14.3%, n=3)よりも顕著に高い値を示した。造波装置による水槽垂直断面の流れを計測したところ,波が水深とともに減衰していくのが確かめられた。
キーワード: flow field / larva / larviculture / survival / water surface tension-related death
URI: http://hdl.handle.net/10069/37769
ISSN: 09199268
DOI: 10.1111/j.1444-2906.2007.01453.x
権利: © Japanese Society of Fisheries Science 2007 / The final publication is available at Springer via http://dx.doi.org/10.1111/j.1444-2906.2007.01453.x
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:080 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37769

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace