DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第1巻 第1号 >

蠅類撲滅の実験的並びに実際的研究 : 2.大森式密閉堆肥舎による蠅類の集団撲滅実験(続編)


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo01_01_07_t.pdf976.76 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 蠅類撲滅の実験的並びに実際的研究 : 2.大森式密閉堆肥舎による蠅類の集団撲滅実験(続編)
その他のタイトル: Studies on the Control of Flies. : II. Field Experiment of fly control by closed tank for animal manure (Continuation).
著者: 下釜, 勝
著者(別表記) : Shimogama, Masaru
発行日: 1959年 3月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 1(1), p.68-76, 1959
抄録: (1)本報告は昭和32年度に引続いて,33年度に於て農村でのイエバエとサシバエの主要発生源である動物舎から,これらの蠅類を撲滅するために,大森式密閉堆肥舎を使用して集団撲滅実験を行つた結果をまとめたものである.(2)本年度は昨年度の実験結果から更に撲滅効果を挙げるために必要と思われる諸点について,改良を加えながら実験を進めたが,気密度を高めるために修理した扉は又間もなく隙間を生じたり,本年特に多かつた各地からの見学者のため屡々長時間,各戸の堆肥舎が開かれていたりして己むを得ないマイナスの面もあつたが,大体 / A field experiment controlling the housefly and stablefly maggots using the "closed tank for animal manure" in a farm village in Nagasaki city was continued from 1957 to 1958. The village consists of seven farmhouses and three houses for living quarters.
URI: http://hdl.handle.net/10069/3785
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第1巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3785

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace