DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 110 医歯薬学総合研究科 > 110 学位論文 > 110 学位論文(要旨・審査要旨) >

IL-17A contributes to reducing IFN-γ/IL-4 ratio and persistence of Entamoeba histolytica during intestinal amebiasis


ファイル 記述 サイズフォーマット
ishiyaku1005ronbun.pdf235.92 kBAdobe PDF本文ファイル
ishiyaku1005sinsa.pdf119.91 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: IL-17A contributes to reducing IFN-γ/IL-4 ratio and persistence of Entamoeba histolytica during intestinal amebiasis
その他のタイトル: IL-17Aは赤痢アメーバの腸管感染においてIFN-γ/IL-4比の減少と持続感染に寄与する
著者: Deloer, Sharmina
発行日: 2017年12月 6日
引用: (2017-12-06)
記述: 長崎大学学位論文 [学位記番号]博(医歯薬)甲第1005号 [学位授与年月日]平成29年12月6日
URI: http://hdl.handle.net/10069/37915
資料タイプ: Thesis or Dissertation
原稿種類: none
出現コレクション:110 学位論文(要旨・審査要旨)

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37915

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace