DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第1巻 第3号 >

山口県農村に於けるハエ駆除の野外実験特に密閉堆肥舎による駆除効果について


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo01_03_08_t.pdf5.63 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 山口県農村に於けるハエ駆除の野外実験特に密閉堆肥舎による駆除効果について
その他のタイトル: Fly Control Works in Farm Villages in Yamaguchi Prefecture with Special Reference to the Effect of Fly Control by Closed Tank for Animal Manure.
著者: 谷川, 十三生
著者(別表記) : Tanikawa, Tomio
発行日: 1959年 9月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 1(3), p.296-329, 1959
抄録: 農村で最も害虫度の高いイエバエとサシバエを駆除するためには大森式密閉堆肥舎が実用化の可能性が最も強い事に着目して1957年5月に山口県籾ノ木部落の出村(A区)に2基建設して,イエバエ指数,ハエ取リボン及び紙による捕殺数,並びにサシバエ指数によつて本施設によるハエ類の駆除効果を調べると同時に,清掃とハエタタキのみによる地区(籾ノ木のB及びC),残留噴霧実施区(D)及び対照区での成績と比較した.1958年には籾ノ木全戸11戸に密閉堆肥舎を作らせその駆除効果を対照と比較する一方,別に26戸の部落内に点々と4戸に / The most important flies in farm villages in Yamaguchi Prefecture are the housefly, Musca domestica vicina and the stable-fly, Stomoxys calcitrans. These flies can be said to be breeding out mainly from animal manure in these districts, because the refuse
URI: http://hdl.handle.net/10069/3801
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第1巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3801

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace