DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第2巻 第1号 >

ミクロフイラリアの定期出現性に関する実験的研究II : ミクロフイラリアの定期出現に及ぼすクロールプロマジンの影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo02_01_04_t.pdf691.68 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ミクロフイラリアの定期出現性に関する実験的研究II : ミクロフイラリアの定期出現に及ぼすクロールプロマジンの影響
その他のタイトル: Experimental Studies on the Periodicity of Microfilariae. : II. Influence of prolonged chloropro mazine treating upon the microfilarial periodicity.
著者: 深町, 弘光
著者(別表記) : Fukamachi, Hiromitu
発行日: 1960年 3月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 2(1), p.39-45, 1960
抄録: バンクロフト系状虫保虫者Dirofilaria immitis感染犬に大量のクロールプロマジンを10日乃至14日間連続投与し,交感神経機能を強く遮断すると仔虫の夜間出現性が乱れ,なかには昼夜の仔虫数が逆転する等強い影響が見られる. / The study was carried out with a view of observing the microfilarial cycle in the altered physical state of the host who sympaticomimetic drug was administered to. Two dogs infected with Dirofilaria immitis and seven volunteers infected with Wuchereria ba
URI: http://hdl.handle.net/10069/3813
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第2巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3813

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace