DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第2巻 第3号 >

ミクロフイラリアの定期出現性に関する実験的研究 : III.低体温時に於けるミクロフイラリアの週期性


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo02_03_03_t.pdf1.71 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ミクロフイラリアの定期出現性に関する実験的研究 : III.低体温時に於けるミクロフイラリアの週期性
その他のタイトル: Experimental Studies on the Periodicity of Microfilariae : III. Influence of artificial Hypothermia of the host upon the migration of microfilariae to the peripheral blood
著者: 片峰, 大助 / 吉村, 税 / 坂口, 祐二
著者(別表記) : Katamine, Daisuke / Yoshimura, Osamu / Sakaguchi, Yuji
発行日: 1960年 9月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 2(3), p.203-211, 1960
抄録: クロールプロマジンの助けをかりて人工冷却を行い,宿主を正常より10~15℃低い低体温に保つと,末梢血中のミクロフィラリア数は消失に近い極めて著明な減少がおこり,仔虫の週期性も消失する。又この様な異常生理状態に於いてもdiethylcarbamazineやacetylcholineによる仔虫誘出現象は惹起される。 / The author's opinion that the phenomenon of periodicity of microfilariae is attributed to some of normal physiological processes of the host had been supported by many experiments previously reported. Furthermore, in this paper, an experiment to observe t
URI: http://hdl.handle.net/10069/3827
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第2巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3827

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace