DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 長崎大学経済学部研究年報 > 第34巻 >

日本企業におけるコスト構造とコストドライバーの変化-1980年-2009年における我が国製造原価明細書の分析-


ファイル 記述 サイズフォーマット
keinen34_17.pdf462.41 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本企業におけるコスト構造とコストドライバーの変化-1980年-2009年における我が国製造原価明細書の分析-
その他のタイトル: The Changes of Cost Structures and Cost Drivers in Japanese Manufacturing Companies: An Analysis of Statement of Cost of Goods Manufactured in Japan from 1980 to 2009
著者: 庵谷, 治男 / 新井, 康平 / 小野, 慎一郎 / 妹尾, 剛好 / 福島, 一矩 / 目時, 壮浩
著者(別表記) : Otani, Haruo / Arai, Kohei / Ono, Shinichiro / Senoo, Takeyoshi / Fukushima, Kazunori / Metoki, Takehiro
発行日: 2018年 6月30日
出版者: 長崎大学経済学部 / Annual review of economics
引用: 長崎大学経済学部研究年報, 34, pp.17-26; 2018
抄録: The purpose of this paper is to investigate changes of time series for cost structures and cost drivers in Japanese manufacturing. Using statement of cost of goods manufactured, we investigate the ratio of cost of material, labor and other expenses, the effect of cost driver for other expenses. The results of this study shows that remarkable decrease in the material cost ratio and a trend toward a decrease in the influence of volume-based cost diver for expenses. This results implicate that the necessity of Activity-based Costing in recent Japanese factories.
キーワード: Statement of Cost of Goods Manufactured / other expenses / Activity-based Costing / cost structures / cost driver
URI: http://hdl.handle.net/10069/38345
ISSN: 09108602
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第34巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/38345

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace