DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 31 >

子どものソーシャル・キャピタルとそれに関連する要因-T町の事例から-


File Description SizeFormat
hokenn31_33.pdf345.26 kBAdobe PDFView/Open

Title: 子どものソーシャル・キャピタルとそれに関連する要因-T町の事例から-
Other Titles: A study of the social capital for children and its social implications: Case of T community
Authors: 市川, 直子 / 山田, 夢香 / 米島, 慶 / 平野, 裕子
Authors (alternative): Ichikawa, Naoko / Yamada, Yuka / Yoneshima, Kei / Ohara-Hirano, Yuko
Issue Date: Jul-2018
Publisher: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
Citation: 保健学研究, 31, pp.33-39; 2018
Abstract: 【目的】本研究は,長崎市郊外の新興住宅地T町における子どものソーシャル・キャピタル(以下SC)に関連する要因を明らかにすることを目的とする.【対象と方法】本研究では長崎市T町の自治会長から紹介を受けた子ども会加入者(小学校 1 年生から 6 年生の計58名)を対象とし,小学校 1・2 年生はインタビューを行い,3 年生から 6 年生までは自記式無記名調査票を配布した.29名の対象者から有効な回答が得られた(有効回収率50%).SCに関連する要因の分析には,Wilcoxonの順位和検定,Spearmanの順位相関係数を用いた.【結果】「SC得点」の平均は17.4(±2.7)点であった.Spearmanの順位相関係数は,「地域に対する愛着度」「日常会話」「T町の高齢者はいきいきしていると思う」の順にSC得点との間に有意な相関がみられた.【結論】T町における子どものSCは,子どもが地域に対して愛着や誇りをもつというポジティブな感情をもつこと,地域の大人と日常会話をする程度の関係を築くこと,地域の大人が自発的に地域の行事に参加している姿を見せること,高齢者が地域のために活動する姿を見せることに関連が見られた.
Keywords: 地域づくり / 子ども / 高齢者 / ソーシャル・キャピタル
URI: http://hdl.handle.net/10069/38389
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 31

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/38389

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace