DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第48巻 第91号 >

実構造物より採取したコアによる高炉セメントとフライアッシュを混合したコンクリートの高価物性評価


ファイル 記述 サイズフォーマット
48_91_64.pdf634.51 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 実構造物より採取したコアによる高炉セメントとフライアッシュを混合したコンクリートの高価物性評価
その他のタイトル: Evaluation on Hardening Properties of Core of Concrete Using Blast-Furnace Slag Cement Mixed Fly Ash
著者: 中山, 大誠 / 佐々木, 謙二 / 原田, 哲夫
著者(別表記) : NAKAYAMA, Taisei / SASAKI, Kenji / HARADA, Tetsuo
発行日: 2018年 7月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 48(91), pp.64-71; 2018
抄録: It has not been cleared that the long-term durability of blast-furnace slag cement mixed fly ash until today. In this study, the experiments were carried out in order to clear the effects of fly ash on strength, carbonation and chloride-ion penetration of concrete using blast-furnace slag cement mixed fly ash. From the experimental result of the concrete cores exposed in coastal and inland regions for a long term, it was found that in the case of blast-furnace slag cement with 20% fly ash substitution, the carbonation rate coefficient was higher than blast-furnace slag cement. Moreover it was cleared that surface of total chloride content was higher, depth of chloride penetration was smaller than blast furnace slag cement.
キーワード: Blast-furnace slag cement / Fly ash / Carbonation / Chloride ion penetration resistance / Core of actual concrete structure
URI: http://hdl.handle.net/10069/38467
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第48巻 第91号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/38467

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace