DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第3巻 第3号 >

糸状虫症の疫学と集団治療に関する研究 : II.流行地に於ける糸状虫症の浸淫動態


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo03_03_06_t.pdf2.11 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 糸状虫症の疫学と集団治療に関する研究 : II.流行地に於ける糸状虫症の浸淫動態
その他のタイトル: Studies on Epidemiology and Control of Filariasis due to W uchereria bancrofti. : II. Epidemiological features of filarial infection in some endemic areae in Nagasaki Prefecture.
著者: 伊集院, 武文
著者(別表記) : Ijuin, Takebumi
発行日: 1961年 9月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 3(3), p.188-197, 1961
抄録: 1)長崎県下の9つの小部落の全住民について糸状虫感染状況を調査し,夫々仔虫保有率5.1乃至21.2%,感染率11.1%から38.9%の濃厚な浸淫を認めた.2)感染者のうち3分の1は無症状虫陽性者で,半数は仔虫陰性の有症者で占めている.3)感染率,仔虫保有率は年令と共に上昇し,41~60才台に最高を示す.保有仔虫数は無症状仔虫陽性者に最も多く,感染源として意義が大である.4)糸状虫保有状況には家族集積性が認められる.稿を終るに臨み御指導御校閲をたまわった恩師片峰大助教授に感謝の意を捧げる.御協力下さった風土病研究所臨床部の医局の諸兄及奈留島,小値賀,大瀬戸町各位に謝意を表す. / The present study was carried out in order to inquire into the mode of filarial infection in endemic areae. For this survey, two fishing villages and four islets of Goto Islands, and three farm villages of Matsushima Island were selected, which were suppo
URI: http://hdl.handle.net/10069/3857
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第3巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3857

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace