DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第4巻 第1号 >

BHC粉剤の用便直後撒布による便池のハエ幼虫駆除実験


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo04_01_07_t.pdf848.27 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: BHC粉剤の用便直後撒布による便池のハエ幼虫駆除実験
その他のタイトル: An Experiment of Controlling Fly Maggots in the Privy by Dusting BHC Powder after Each Bowel Movement.
著者: 谷川, 十三生
著者(別表記) : Tanikawa, Tomio
発行日: 1962年 3月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 4(1), p.46-51, 1962
抄録: 1)1957年4月から12月まで山口県の一農村で農薬用3%BHC粉剤を用便の都度ペコ缶または紙筒製ダスターで撒布することによる便池のハエ幼虫駆除野外実験を行なった.2)便池内のハエ幼虫の発生量は,薬剤撒布を怠った後を除いて,実験区で明らかに少なく,薬剤撒布の効果が認められた.3)金網トラップで採集された,ハエ成虫の採集総数に対するセンチニクバエの百分率は実験区で有意的に低く,これは薬剤撒布による便池の殺蛆の影響と思われる.4)実験区におけるBHC粉剤の使用量は1年の中撒布を必要とする10箇月間で1戸当り1,800g,価格にして約120円である.5)汲取便所ハエ幼虫駆除として,用便直後毎にBHC粉剤を便池に撒布することはかなりに有効であり,方法が簡便で,しかも経費があまりかからないので一般に推奨し得る一方法であると思われる. / In a farm village of 12 houses, a field experiment was conducted to control the flies breeding out from the privies by dusting 3% BHC powder after each bowel movement, in 1957. The number of full grown maggots of flies was inspected weekly from early June to late October with a very satisfactory result. Maggots were scarcely found in the privies where the dusting was continued seriously. To evaluate indirectly the effect of the dusting, the percentage abundance of Sarcophaga peregrina, main breeder in the privy, against the total number of flies collected by fish baited cage trap in the village under control was compared with that in untreated village. The percentages were found significantly low in the treated village. The amount of 3% BHC and its cost needed for the dusting during the season of flies in a house was 1.8kg and 120 yen in an average.
URI: http://hdl.handle.net/10069/3868
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第4巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3868

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace