DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第4巻 第1号 >

ビニール鐘式堆肥処理による廐肥中のイエバエとサシバエ幼虫の撲滅実験


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo04_01_08_t.pdf935.24 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ビニール鐘式堆肥処理による廐肥中のイエバエとサシバエ幼虫の撲滅実験
その他のタイトル: A Method of Destructing the Maggots of Housefly and Stable fly from Animal Manure by Airtight Vinyl Cover.
著者: 大森, 南三郎 / 末永, 斂 / 大利, 茂久 / 下釜, 勝
著者(別表記) : Omori, Nanzaburo / Suenaga, Osamu / Ori, Shigehisa / Shimogama, Masaru
発行日: 1962年 3月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 4(1), p.52-56, 1962
抄録: 畜舎の1週間分の廐肥を,底に水をはった堆肥処理場の簀子の上に積み上げ,完全に気密な角型のビニール鐘をかぶせ,その裾はすっかり水中に沈めて廐肥中のハエ幼虫を死滅させる,いわゆるビニール鐘式堆肥処理法を考え,野外実験を行なった結果次のことがわかった.1)廐肥の醗酵は空気の遮断によってほとんど停止し,廐肥中の各令ハエ幼虫は,夏は3~4日間,春秋には4~5日間の空気遮断によって悉く死滅する.2)廐肥の醗酵を停止させ,ハエ幼虫を死滅させる原因は酸素の欠乏と,一部はメタンガスその他の不詳のガスの発生によるものと思われる.3)ビニール鐘をかぶせて空気を遮断し,ハエ幼虫を死滅させた後の廐肥は空気を通すと再び醗酵を始め,ハエの発生源となる.以上のことから,この方法によってハエを撲滅するためには,1週間分の廐肥を積み上げ,直ちにビニール鐘をかぶせ,3~4日間防虫網をはめた鐘の袖から空気を通して醗酵を起させ,内部のハエ卵を悉く孵化させた後で,夏は3~4日間,春秋は4~5日間袖を閉じて空気を遮断し内部のハエ幼虫を殺してから再び防虫網ばりの袖から空気を通して充分醗酵,腐熟させなければならない. / An equipment, an air-tight vinyl cover for destructing housefly and stable fly maggots in the animal manure were devised by the senior author. The cover, 80cm by 110cm and 100cm high, is put on the heap of seven days' litter from a cattle-shed piled up on
URI: http://hdl.handle.net/10069/3869
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第4巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3869

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace