DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第21巻 第1号 >

ドイツバイオエネルギー村の特色に関する検討―日本のバイオマスタウン構想との比較から―


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo21_1_22.pdf1.17 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ドイツバイオエネルギー村の特色に関する検討―日本のバイオマスタウン構想との比較から―
その他のタイトル: A Study on the Characteristics of Bio-energy Villages in Germany: Comparing them with the Biomastown Plans in Japan
著者: 保坂, 稔
著者(別表記) : Hosaka, Minoru
発行日: 2018年12月 1日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Science, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 21(1), pp.22-30; 2018
抄録: Germany, which is famous for its environmental policy and environmental education, changes its energy policy into an antinuclear policy and promotes renewable energy. The Federal Ministry of Food and Agriculture in Germany (BMEL) is advancing the "Towards a bio-energy village" project. In fact, bio-energy villages are increasing every year. This paper aims to clarify the features of a “Towards a bio-energy village” project in Germany, comparing it with the biomastown plans in Japan.
キーワード: Biomastown Plans / Bio-energy Village / Renewable Energy
URI: http://hdl.handle.net/10069/38718
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第21巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/38718

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace