DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第5巻 第1号 >

長崎地方の水田における蚊幼虫の発生状況について


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo05_01_06_t.pdf936.75 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎地方の水田における蚊幼虫の発生状況について
その他のタイトル: On the Species and Abundance of Immature Mosquitoes in the Paddy Field near Nagasaki City.
著者: 大利, 茂久 / 下釜, 勝 / 伊藤, 寿美代
著者(別表記) : Ori, Shigehisa / Shimogama, Masaru / Ito, Sumiyo
発行日: 1963年 3月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 5(1), p.51-59, 1963
抄録: 1)長崎地方の水田での蚊幼虫の発生状況と特徴を知るために市内の3つの地区で,夫々8又は10筆(枚)の水田で,週1回,継続して,前後4ケ年間幼虫採集を行なった.2)この地方の水田では,上の方法によって年間約10種,400~600個体が採集されるが,個体数は農薬の使用状況によってかなりの差を生じる.特に多い種類はシナハマダラカで,次いでコガタアカイエカ,シロハシイエカが多く,これらの合計は年によって全体の約90%から97%にもなる.カラツイエカ,エセシナハマダラカ,ミナミハマダラウスカは極めて少なくはあるが, / Collections of immature mosquitoes were made in paddy fields in three farm villages near Nagasaki City. The mean numbers and percentages of them are tabulated in Table 1. The seasonal prevalences of dominant or common species are illustrated in Fig. 1. Th
URI: http://hdl.handle.net/10069/3901
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3901

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace