DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第5巻 第2号 >

センチニクバエの殺虫剤抵抗性の発達に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo05_02_05_t.pdf1.78 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: センチニクバエの殺虫剤抵抗性の発達に関する研究
その他のタイトル: Studies on the Development of Insecticide Resistance in Sarcophaga peregrina
著者: 松尾, 晃一
著者(別表記) : Matsuo, Koichi
発行日: 1963年 6月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 5(2), p.123-135, 1963
抄録: (1)我が国の汲取り便池に多発するセンチニクバエの殺虫剤抵抗性を調べる目的で,長崎市内の未だ殺虫剤を使用していない便池から採集したものを風研系統と名付けて1959年7月から実験室内で累代飼育を行ない,本種を使用して幼虫,あるいは成虫で累代淘汰して,各種殺虫剤に対する抵抗性発達の過程と程度を1960年7月から1962年1月まで行なった.(2)風研系センチニクバエ幼虫を,DDT,リンデン,デイルドリン, ダイアジノン,DDVP,オルソジクロールベンゼンの各殺虫剤によるそれぞれ3段階の有毒培基に18世代まで(デ / 1) Development of insecticide resistance in Sarcophaga peregrina was investigated with the laboratory strain, RIE strain, which was originated from a colony from an untreated privy in Nagasaki City and reared in our laboratory for 10 generations from July
URI: http://hdl.handle.net/10069/3909
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第5巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3909

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace