DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Institute of Tropical Medicine > Bulletin > Endemic diseases bulletin of Nagasaki University > Volume 6, No. 3 >

台湾における赤痢菌の菌型分布と薬剤耐性.


File Description SizeFormat
fudo06_03_02_t.pdf1.03 MBAdobe PDFView/Open

Title: 台湾における赤痢菌の菌型分布と薬剤耐性.
Other Titles: Type Distribution and Drug Fastness of Shigella in Taiwan
Authors: 許, 書刀
Authors (alternative): Hsu, Shu-Tao
Issue Date: 23-Sep-1964
Citation: 長崎大学風土病紀要 6(3), p.139-147, 1964
Abstract: 台湾では赤痢は日本のように爆発的に流行することはなく,特に近年は軽症化して公衆衛生上あまり重要視されていない.亜熱帯にあるが故に当然高率の発生があるはずであるが,住民が生水を飲まず,一般に加熱食を摂る風習があることがその主因と思う.赤痢菌の分離と型別は主として北部で行われ,この約10年間に王貴誉・劉如心,王三聘ら,揚照雄ら,及び著者の報告が代表的なものとして挙げられる.A群は1949-50年に数株報告された以降なく,C群は皆無,D群(Sh. sonnei)も現在なお低率で,主としてB群で,そのうち2a,3a,1aが普偏菌型と認められている.現在は赤痢菌に属していないがAlkalescens-Dispar群による小児の腸炎が数例あった.著者が特に深く研究したのは本菌の薬剤耐性である.殆どがサルファ高低抗であることは勿論として,現在の分離菌株の70-90%ぐらいまではSM, TCかCPに耐性を示し,しかも単剤や二剤のものが少く,大部はいわゆる三剤耐性菌である.これに反しカナマイシンとネオマイシンに対しては5或は10mcg/ccのMIC,コリスティンに対しては大部分10units/ccの価が示され,感受性充分と認められた.フラゾリドンに対しては完全に感受性を示していた.
URI: http://hdl.handle.net/10069/3932
ISSN: 00413267
Type: Departmental Bulletin Paper
Appears in Collections:Volume 6, No. 3

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/3932

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace