DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第6巻 第3号 >

台湾における赤痢菌の菌型分布と薬剤耐性.


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo06_03_02_t.pdf1.03 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 台湾における赤痢菌の菌型分布と薬剤耐性.
その他のタイトル: Type Distribution and Drug Fastness of Shigella in Taiwan
著者: 許, 書刀
著者(別表記) : Hsu, Shu-Tao
発行日: 1964年 9月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 6(3), p.139-147, 1964
抄録: 台湾では赤痢は日本のように爆発的に流行することはなく,特に近年は軽症化して公衆衛生上あまり重要視されていない.亜熱帯にあるが故に当然高率の発生があるはずであるが,住民が生水を飲まず,一般に加熱食を摂る風習があることがその主因と思う.赤痢菌の分離と型別は主として北部で行われ,この約10年間に王貴誉・劉如心,王三聘ら,揚照雄ら,及び著者の報告が代表的なものとして挙げられる.A群は1949-50年に数株報告された以降なく,C群は皆無,D群(Sh. sonnei)も現在なお低率で,主としてB群で,そのうち2a,3a,1aが普偏菌型と認められている.現在は赤痢菌に属していないがAlkalescens-Dispar群による小児の腸炎が数例あった.著者が特に深く研究したのは本菌の薬剤耐性である.殆どがサルファ高低抗であることは勿論として,現在の分離菌株の70-90%ぐらいまではSM, TCかCPに耐性を示し,しかも単剤や二剤のものが少く,大部はいわゆる三剤耐性菌である.これに反しカナマイシンとネオマイシンに対しては5或は10mcg/ccのMIC,コリスティンに対しては大部分10units/ccの価が示され,感受性充分と認められた.フラゾリドンに対しては完全に感受性を示していた.
URI: http://hdl.handle.net/10069/3932
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第6巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3932

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace