DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第6巻 第3号 >

本邦における細菌性赤痢とその病原体の菌型,薬剤耐性の変遷.


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo06_03_04_t.pdf1.26 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 本邦における細菌性赤痢とその病原体の菌型,薬剤耐性の変遷.
その他のタイトル: Shigella and Shigellosis in Japan, with Special References to Changes of Serological Types and Drug-Resistance of Dysentery Bacilli
著者: 安斉, 博
著者(別表記) : Anzai, Hiroshi
発行日: 1964年 9月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 6(3), p.158-166, 1964
抄録: 吾が国の赤痢の患者発生はここ10年来余り変りなく,依然として法定伝染病の首位を占めている.しかし,疫学的,臨床的ならびに細菌学的にいちじるしい変化を来しつつある.すなわち,疫学的には,季節的差が減少して,最早赤痢は夏の病気とはいえない状態になって来た.また,患者の年令分布も低年令層から高年令層に移りつつある.このことは,臨床的に赤痢の軽症化とも関係があると思われる.すなわち特殊薬剤の登場と共に,細菌検査技術の進歩によって,従来は見のがされていた高年令層の軽症患者や保菌者が発見されるようになったのだろう.ま
URI: http://hdl.handle.net/10069/3934
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第6巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3934

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace