DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Institute of Tropical Medicine > Bulletin > Endemic diseases bulletin of Nagasaki University > Volume 6, No. 4 >

マサキの花に集まる蚊類について.


File Description SizeFormat
fudo06_04_05_t.pdf437.68 kBAdobe PDFView/Open

Title: マサキの花に集まる蚊類について.
Other Titles: Observations on the Mosquitoes Visiting the Flowers of Spindle Trees, Euonymus japonica
Authors: 小田, 力
Authors (alternative): Oda, Tsutomu
Issue Date: 23-Dec-1964
Citation: 長崎大学風土病紀要 6(4), p.242-246, 1964
Abstract: 1)著者は長崎大学医学部構内西端の動物小舎の前に一列に植えられたマサキ,Euonymus japonicaの花に夜間蚊が集まることを発見したので継続的に採集してみた.この花は普通6月上旬に開き始め下旬頃満開となり7月中旬には花期が終る.採集は1963年の6月17日の満開の頃から花期の終り迄殆んど毎日午後9時から約30分間行なったが,この時期は雨期中であったので採集時の天候は可成り不順であった.2)花で採集された6種の蚊の内アカイエカは最も多く,ヒトスジシマカ,オオクロヤブカ,及びコガタアカイエカは夫々僅かで,トラフカクイカとキンイロヤブカは夫々一個体に過ぎなかった.各種類の個体数の多寡は校舎附近での蚊の発生量と或る程度の関係があるようにに思われた.3)花の蜜に誘引された蚊の中には,♂が多数に混っており,♀では無吸血のもの,既に吸血していたもの,及び卵を持っていたものなどが混っていたことから考えると,この花の蜜及びこれに類するものは蚊の生命保持の上に,♂にとっては勿論,♀にとっても動物血以外に尚必要な食物であろうと考えられる.4)蜜に集まるアカイエカの経日的消長は,満開時に最も多く,大体に於いては開花の程度に比例するが,観察時の強風や降雨によって可成り抑制される. / 1) The author had a chance to observe mosquitoes visiting flowers of spindle tree, Euonymus japonica planted in a row before he animal house standing at the west borer of the campus of our Medical School. Collections of mosquitoes were made nearly every n
URI: http://hdl.handle.net/10069/3941
ISSN: 00413267
Type: Departmental Bulletin Paper
Appears in Collections:Volume 6, No. 4

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/3941

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace