DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Institute of Tropical Medicine > Bulletin > Endemic diseases bulletin of Nagasaki University > Volume 7, No. 2 >

腸炎ビブリオに関する研究 : 3. 東南アジア地域の海底泥土ならびに魚介類から分離した腸炎ビブリオの血清学的性状,マウスに対する毒性および溶血能について


File Description SizeFormat
fudo07_02_02_t.pdf946.59 kBAdobe PDFView/Open

Title: 腸炎ビブリオに関する研究 : 3. 東南アジア地域の海底泥土ならびに魚介類から分離した腸炎ビブリオの血清学的性状,マウスに対する毒性および溶血能について
Other Titles: Studies on Vibrio parahaemolyticus. : 3. On the serological property, toxicity for mice and hemolytic activity of Vibrio parahaemolyticus isolated from marine muds and fishes in the Southeast Asia.
Authors: 安永, 統男 / 黒田, 正彦
Authors (alternative): Yasunaga, Norio / Kuroda, Masahiko
Issue Date: 23-Jun-1965
Citation: 長崎大学風土病紀要 7(2), p.107-113, 1965
Abstract: 先に東南アジア地域の港湾内の海底泥土ならびに魚介類から分離した腸炎ビブリオについて,血清学的型別,マウスに対する毒性および溶血能の各試験を行なったところ次のごとき結果が得られた.1) Biotype 1の菌82株の全てが既知のK抗原に型別できたが,出現のみられた菌型は32種のうち22種であった.そのうちK32が14株と最も多く,次ぎにK6の9株,K19の7株であった.また,シンガポールと香港での分離菌株におけるK抗原の出現を比較すると両者間で可成りの相違がみられた.2)抗原型O群別ではO1~O10のうちO9のみが欠けていた.O1~O5までの出現頻度は81%となっており,わが国での分離菌株の場合と同様に高率の出現が認められた.3)マウスに対する毒性試験においては,Biotype1が32株,Biotype 2が4株および中間型が1株供試された.その結果,Biotype 1, 2共に全て致死作用が認められたのに対し,中間型菌株は毒性を示さす明らかな差異がみられた.4)加藤らの方法Aならびにその改良法Bに基ずくヒトO型血液に対する溶血能試験の結果,供試82株のBiotype 1のうち前法で4株,後法でそのうちの1株に陽性が認められた.このように溶血株の出現頻度が低率であったのは,本実験に用いた菌株が食中毒患者由来のものではなく自然界由来の菌株であるためかも知れない. / In the previous survey on the distribution of Vibrio parahaemolyticus, it was revealed by YASUNAGA that the organisms were distributed widely in marine muds and fishes in the Southeast Asia as well as in Japan. In the present work, the serological propert
URI: http://hdl.handle.net/10069/3951
ISSN: 00413267
Type: Departmental Bulletin Paper
Appears in Collections:Volume 7, No. 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/3951

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace