DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 32 >

食道がん術後に転入院した患者の健康関連生活の質の現状と関連要因


File Description SizeFormat
hokenn32_55.pdf367.04 kBAdobe PDFView/Open

Title: 食道がん術後に転入院した患者の健康関連生活の質の現状と関連要因
Other Titles: Current status of health related quality of life and relevant factors in
Authors: 遠山, 柊介 / 小森, 康寛 / 陶山, 香里 / 森下, 辰也 / 陶山, 和晃 / 宮城, 昭仁 / 蒔本, 憲明 / 田中, 貴子 / 神津, 玲
Authors (alternative): Toyama, Shusuke / Komori, Yasuhiro / Suyama, Kaori / Morishita, Tatsuya / Suyama, Kazuaki / Miyagi, Akihito / Makimoto, Noriaki / Tanaka, Takako / Kozu, Ryo
Issue Date: Sep-2019
Publisher: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
Citation: 保健学研究, 32, pp.55-63; 2019
Abstract: 【目的】食道がん術後に転入院した患者の健康関連生活の質(health⊖related quality of life:HRQOL)の現 状とこれに関連する要因を明らかにし,同患者に対するリハビリテーション実施の一助とすること. 【方法】2017年4月から2019年1月までの期間,当院に転入院した食道がん術後患者を対象とした.転入院時にHRQOL(quality of life questionnaire:QLQ-C30),筋力,運動耐容能,日常生活活動能力,活動性,摂食嚥下機能,栄養状態,倦怠感,不安・抑うつなどを評価し,QLQ-C30における総括的なQOLの点数と各評価項目との関連について検討した. 【結果】対象者は26名で,年齢の中央値は67歳,男性は22名であった.QLQ-C30における総括的なQOLの点 数は100点満点中50点であり,これには日常生活活動能力,活動性,身体的倦怠感,不安,抑うつが有意に 関連していた(p<0.05). 【結語】食道がん術後に転入院した患者に対してリハビリテーションを実施する際は,日常生活の活動レベ ルや倦怠感,不安・抑うつといった心身の症状も考慮する必要性が示唆された.
Keywords: 食道がん / 健康関連生活の質 / リハビリテーション / esophageal cancer / health related quality of life / rehabilitation
URI: http://hdl.handle.net/10069/39533
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 32

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/39533

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace