DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第7巻 第3号 >

東亜におけるサルモネラ菌型の分布 : 2.わが国戦後の立上り期におけるサルモネラ菌型の変遷


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo07_03_04_t.pdf4.01 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 東亜におけるサルモネラ菌型の分布 : 2.わが国戦後の立上り期におけるサルモネラ菌型の変遷
その他のタイトル: Distribution of Salmonella Types in East Asia : 2. Change of Salmonellosis and of Salmonella Types since the Post-war Rehabilitation of Japan
著者: 青木, 義勇
著者(別表記) : Aoki, Yoshio
発行日: 1965年 9月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 7(3), p.192-220, 1965
抄録: わが国のサルモネラの生態や疫学的事情は坂崎ら日本サルモネラセンターよりの報告でよく理解され,特に動物,鳥類,爬虫類,卵などに関する部分は全く追補を要しない.しかし人類については,それによる疾病の衛生統計上の地位,集団発生の様態など,個々の菌型に関連せしめて綜合的に説明する要を認めここに本稿を草した.また附帯的なこととして,本論に入るに先立って,戦争中軍の防疫報からメモに残しておいた内地部隊伝染病統計と作戦全域に亘る伝染病患者発生数を記録にとどめ,最終章では日本人が日本で発見し国際センターの承認を得た菌型を / The author has dealt in detail with salmonellosis in particular and with changes of Salmonella types through general view with the aid of statistics of legal epidemics and food poisoning cases which have broken out since the end of the war. Salmonellosis
URI: http://hdl.handle.net/10069/3959
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第7巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3959

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace