DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第7巻 第4号 >

スミチオン各種剤型のアカイエカ幼虫に対する殺虫効果試験


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo07_04_04_t.pdf646.81 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: スミチオン各種剤型のアカイエカ幼虫に対する殺虫効果試験
その他のタイトル: Insecticidal Test of Different Formulations of Sumithion for Culex pipiens pallens Larvae
著者: 西垣, 定治郎
著者(別表記) : Nishigaki, Jojiro
発行日: 1965年12月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 7(4), p.283-287, 1965
抄録: スミチオン各種剤型のアカイエカ幼虫に対する殺虫効果を比較するために,原体アルコール溶液,10%乳剤,1%油剤,1%フローティング粉剤のそれぞれ0.004, 0.02, 0.1, 0.5および2.5ppm調製液を作りWHOの浸漬法に準じた室内試験を行なった.速効性については調製直後の各薬液中にそれぞれ同数の4令幼虫を投入して一定時間ごとに24時間後までの死亡率を,残効性については調製直後のものと,1週間,2週間経過した各薬液に投入した幼虫の12時間後および24時間後の死亡率を観察し,各剤型間でその効果を比較した.その結果,速効性の面でフローティング粉剤はもっともすぐれ,最低濃度で常に90%以上の死亡率を示した.乳剤,油剤がそれに続き,アルコール溶液はその効果がもっとも劣る.残効性の面でもフローティング粉剤はもっともすぐれ,とくに24時間目の結果では,2週間経過後までも調製直後と変らぬすぐれた効果を維持した.油剤,乳剤,アルコール溶液はその順で効果が劣る.以上の結果から,スミチオンの各種剤型間には明らかな効果の差があり,フローティング粉剤がもっともすぐれていることが認められた.したがって,今後本剤型による野外試験の実施が望まれる. / Comparative studies on the effect of different formulations of Sumithion (O, O-dimethyl O-(3-methyl-4-nitrophenyl) phosphorothiorate) on the larvae of Culex pipiens pallens were carried out in the laboratory. The larvae used were the fourth instar ones of
URI: http://hdl.handle.net/10069/3965
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第7巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3965

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace