DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Institute of Tropical Medicine > Bulletin > Endemic diseases bulletin of Nagasaki University > Volume 8, No. 1 >

1965年、長崎県における日本脳炎流行の疫学的研究 : 第1報 コガタアカイエカよりの日本脳炎ウイルス分離状況


File Description SizeFormat
fudo08_01_01_t.pdf793.12 kBAdobe PDFView/Open

Title: 1965年、長崎県における日本脳炎流行の疫学的研究 : 第1報 コガタアカイエカよりの日本脳炎ウイルス分離状況
Other Titles: Studies on Epidemic of Japanese encephalitis virus in Nagasaki Prefecture, in the 1965 Season : I Isolation of Japanese encephalitis virus from the vector mosquito of Culex tritaeniorhynchus Giles collected in Aino, Nagasaki prefecture, in 1965.
Authors: 高橋, 克巳 / 松尾, 礼三 / 熊, 正昭 / 野口, 英太郎 / 東, 房之
Authors (alternative): Takahashi, Katsumi / Matsuo, Reizo / Kuma, Masaaki / Noguchi, Hidetaro / Higashi, Fusayuki
Issue Date: 23-Mar-1966
Citation: 長崎大学風土病紀要 8(1), p.1-7, 1966
Abstract: 1965年5月11日より,同11月5日迄の間,県下南高来郡愛野町畜舎において,C. tritaen.の季節的消長を観察すると共に,同年4月14日より10月1日迄の間に採集したC. tritaen.♀,38,443匹,402プール(1プール,100匹を標準とする)より哺乳マウス脳内接種法によりJEV分離を行ない,次の所見を得た.1) C. tritaen.が最初に夜間畜舎に出現し,同時に吸血行動を行なっているのが発見されたのは4月14日であり,5月24日には♂蚊の出現と共に急激に採集個体蚊数が増加し,以後6月下旬に小さい山をつくり,7月中旬の一時的減少後又急激に増加して,8月上旬に最大のピークを作り,以後除々に減少し,11月5日にも尚小数の残存を認めた.この季節的消長は,1964年5月19日以後の消長に比べ大差を認めなかった.2) C. tritaeu.よりJEVが分離されたのは,6月21日より7月20日迄の間で,この間,分離率が最高を示したのは7月7日である.これを1964年の所見に比べると分離期間の時間的遅延が顕著であったが,分離率は1965年の方が高かった.3)採集時肉眼的に判定した吸血蚊と未吸血蚊の別々に構成したプールからのJEV分離率は両群間に顕著な差を認めなかった. / The authers have reported an unusual pattern of infection of the vector mosquito of Culex tritaeniorhynchus with Japanese encephalitis virus (JEV) in 1964 in Aino-machi, Nagasaki prefecture, namely, the mosquito infected with JEV was seen in mid-May which
URI: http://hdl.handle.net/10069/3968
ISSN: 00413267
Type: Departmental Bulletin Paper
Appears in Collections:Volume 8, No. 1

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/3968

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace