DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 長崎大学風土病紀要 > 第8巻 第1号 >

長崎県長手,鐙瀬両部落におけるバンクロフト糸状虫症の疫学的研究,特に伝搬蚊との関係について. : 4.伝搬蚊の駆除によるフィラリアの撲滅実験.


ファイル 記述 サイズフォーマット
fudo08_01_07_t.pdf782.78 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県長手,鐙瀬両部落におけるバンクロフト糸状虫症の疫学的研究,特に伝搬蚊との関係について. : 4.伝搬蚊の駆除によるフィラリアの撲滅実験.
その他のタイトル: Epidemiology of Bancroftian Filariasis in Nagate and Abumize Villages, Nagasaki Prefecture, Especially in Relation to Vector Mosquitoes. : 4. Filariasis eradication experiment by the control of vector mosquitoes.
著者: 和田, 義人
著者(別表記) : Wada, Yoshito
発行日: 1966年 3月23日
引用: 長崎大学風土病紀要 8(1), p.54-59, 1966
抄録: In Nagate Village where bancroftian microfilarial incidence in 1961 had been 14,0%, control works for the major vector, Culex pipiens pallens, have been carried out. Since 1962 residual spraying was made once a year usually on mid-June prior to the breeding out of the vector mosquito and larvicide applications were continued once a week throughout the breeding season. By the end of 1965 nearly half of initial carriers became negative and clear decrease in microfilarial count was found. From the reductions by the present time in the microfilarial incidence and count an expectation for future diminution of filariasis was made.
URI: http://hdl.handle.net/10069/3974
ISSN: 00413267
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第8巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3974

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace