DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第9巻 第2号 >

Effects of Experimental Control Works Against Vector Mosquitoes of Bancroftian Filariasis in Japan


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm09_02_04_t.pdf1.47 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Effects of Experimental Control Works Against Vector Mosquitoes of Bancroftian Filariasis in Japan
その他のタイトル: 日本に於けるバンクロフト糸状虫症の伝搬蚊に対する駆除作業の効果
著者: Omori, Nanzaburo / Wada, Yoshito / Oda, Tsutomu / Nishigaki, Jojiro
著者(別表記) : 大森, 南三郎 / 和田, 義人 / 小田, 力 / 西垣, 定次郎
発行日: 1967年10月
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 9(2). p97-110, 1967
抄録: The most important vector of bancroftian filariasis in Japan is C. p. pallens and the secondary but only a little important one is Ae. togoi. Against the former species larvicide application once a week is practicable and very effective, but against the latter it is difficult. Residual spray by organophosphorous imagicide is very effective for the adults of both species, reducing almost perfectly the population density for a month and suppressing the transmission of the disease for about two months. Experimental eradication of filariasis by only vector control has been carried out in a village since 1962 under the cooperation of villagers in practice of timely applications of larvicide and imagicide. The success seems probably achievable by about the end of 1969. / 日本での最も重要なバンクロフト糸状虫症の伝搬蚊はアカイエカで,あまり重要ではないが第二番目の伝搬蚊はトウゴウヤブカである.前者に対しては週1回の幼虫駆除が実行可能であり極めて有効である.然し,後者に対しては幼虫駆除は困難である.成虫に対する有機燐剤による残留噴霧は両種の伝搬蚊に対して極めて有効であって的1ケ月間は成虫の生息密度を殆んど完全に抑圧し,約2ケ月間は蚊による感染を防止し得る.伝搬蚊を駆除する事のみによる糸状虫症の撲滅を計画し1962年以来某部落で,村民の協力を得て,幼虫駆除及び残留噴霧を適正に実施しているが,1969年の末頃迄にはその撲滅は可能であると思われる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4014
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第9巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4014

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace