DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第9巻 第4号 >

New Species of Mosquitoes from Taiwan (Diptera: Culicidae) : Part I. Two New Species of Aedes (Finlaya)


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm09_04_01_t.pdf766.93 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: New Species of Mosquitoes from Taiwan (Diptera: Culicidae) : Part I. Two New Species of Aedes (Finlaya)
その他のタイトル: 台湾産蚊族の新種(双翅目:蚊科) : 第一報 Aedes属の二新種
著者: Lien, Jih Ching
著者(別表記) : 連, 日清
発行日: 1967年12月
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 9(4). p177-185, 1967
抄録: This report deals with the description of two new species of mosquitoes belonging to subgenus Finlaya of genus Aedes. These mosquitoes were found as larvae in tree-holes on an elevation of 2,400 meters in Central Taiwan. One of them is named Aedes (Finlaya) crossi, n. sp. which is closely related to Aedes suffusus and Aedes oreophilus. The other is named Aedes (Finlaya) hurlbuti, n. sp. which is closely related to Aedes auronitens. / 本編は,台湾産蚊族の新種の内, Aedes属のFinlava亜属に属する二新種の蚊に就いて記載したものである.これらの蚊は中部台湾の2,400米の高所の樹洞より幼虫として発見された.其の中の一種はAedes suffusus及びAedes oreophilusに近似し, Aedes (Finlaya) crossi, n. sp.と命名された.他の一種はAedes auronitensに近似し, Aedes (Finlaya) hurlbuti, n. sp.と命名された.近似種とは次の様な相違点がある. Aedes crossiの雌成虫は頭頂に明確な暗色部があり,中胸背の黄色と褐色の鱗片は夫夫明確な線状斑を形成する. Aedes suffususでは頭頂に明確な暗色部がなく,中胸背の黄色と褐色の鱗片は線状斑を形成しない.成熟幼虫では呼吸管棘の数が多く26-27 (suffususでは16-21)で,呼吸管の基半部(suffususでは基部1/3)に存在し,呼吸管毛は中央部を稍越えた所(suffususでは基部1/3の所)に存在する. Aedes hurlbutiは中肢第一跗節基部に白帯を有するのみであるがAedes curonitensは中肢第一から第三跗節まで各節基部に白帯を有する.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4020
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第9巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4020

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace