DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 33 >

大学生の認知症高齢者への態度に関連する要因


File Description SizeFormat
hokenn33_9.pdf360 kBAdobe PDFView/Open

Title: 大学生の認知症高齢者への態度に関連する要因
Other Titles: Factors affecting university student's acceptance behavior toward older adults with dementia
Authors: 冨高, 日菜子 / 林田, ゆかり / 黒木, 香織 / 平野, 裕子
Authors (alternative): Tomitaka, Hinako / Hayashida, Yukari / Kuroki, Kaori / Hirano, Yuko O.
Issue Date: Jul-2020
Publisher: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
Citation: 保健学研究, 33, pp.9-15; 2020
Abstract: 【目的】超高齢社会の日本において,認知症高齢者は増加の一途をたどっている.認知症高齢者はしばし ば偏見を持たれ,社会的に不利な状況に置かれることがある.本研究では,大学生の認知症高齢者への態 度に関連する要因を明らかにすることを目的とした. 【対象と方法】本研究では,A大学の学生を対象とし,自記式無記名調査票を配布した.また研究方法と して,t検定,Pearsonの積率相関係数,重回帰分析等を用いた.【結果】本研究の対象者は,498名(有効回収率92.2%)であり,女性66.7%,平均年齢20.1(SD: 1.4)歳であった.認知症高齢者への態度得点の平均点は40.62(SD: 5.90)点であった.重回帰分析の結果,「SOC得点」(β=.262, p<.0001),「認知症高齢者との交流」(β=.173, p=.0085),「認知症高齢者への関心」(β=.169, p=.0002),「障がい者との交流」(β=.103, p=.0161),「LGBTとの交流」(β=.092, p=.0246)の順に認知症高齢者への態度得点に影響していた. 【結論】A大学の学生における認知症高齢者への態度は,「SOC得点」,「認知症高齢者への関心」,「認知症 高齢者との交流」,「障がい者・LGBTとの交流」が認知症高齢者への態度に影響していた.
Keywords: 大学生 / 認知症 / 態度 / university students / acceptance behavior / dementia
URI: http://hdl.handle.net/10069/40213
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 33

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/40213

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace