DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 33 >

在宅で暮らす要介護認定高齢者の精神的健康に関する研究-自己実現との関連-


File Description SizeFormat
hokenn33_17.pdf364.97 kBAdobe PDFView/Open

Title: 在宅で暮らす要介護認定高齢者の精神的健康に関する研究-自己実現との関連-
Other Titles: A Study on the Mental Health of Elderly Individuals Certified for Long-Term Care Living at Home: Relationship with Self-Realization
Authors: 横尾, 誠一 / 永田, 尚子 / 山岡, 栞 / 辻, 真由美
Authors (alternative): Yokoo, Seiichi / Nagata, Takako / Yamaoka, Siori / Tuji, Mayumi
Issue Date: Jul-2020
Publisher: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
Citation: 保健学研究, 33, pp.17-23; 2020
Abstract: 目的:在宅で暮らす要介護認定高齢者を対象に精神的健康と自己実現との関連を検討することを目的とす る. 方法:A県内の通所リハビリテーション(2施設)を利用している高齢者146名を対象として,日本語版 「WHO-5 精神健康状態表簡易版」(以下S-WHO-5-J),自己実現尺度(以下;SAT-17)を使用して調査を 行った.精神的健康と自己実現,個人背景の関連の分析にはピアソン相関係数,スピアマン順位相関係数, 重回帰分析(ステップワイズ法)を用いた. 結果:105名の対象者から有効な回答が得られた(有効回収率71.9%).性別は男性48名(45.7%),女性57名 (54.3%),平均年齢81.1±7.3歳,S-WHO-5-J平均得点14.2±2.9点,SAT-17平均得点52.6±12.5点であった. S-WHO-5-J 得点に有意に影響する項目は「SAT-17第4因子(主観的健康度)(偏回帰係数=0.512,p<0.001」 であった. 結論:地域在住の要介護認定高齢者の主観的健康感を高めることで,自己実現,精神的健康が高められる ことが推察された.今後,地域における専門職者が地域在住の要介護認定高齢者の生活の中での不安,悩 みを傾聴していくことで精神的健康および自己実現を高められる可能性があることが示唆された.
Keywords: 在宅 / 高齢者 / 精神的健康 / 自己実現 / at home / elderly / mental health / self-realization
URI: http://hdl.handle.net/10069/40214
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 33

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/40214

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace