DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 33 >

在宅療養中の障害をもつ子どもの母親のエンパワメントに影響を及ぼす要因


File Description SizeFormat
hokenn33_25.pdf433.67 kBAdobe PDFView/Open

Title: 在宅療養中の障害をもつ子どもの母親のエンパワメントに影響を及ぼす要因
Other Titles: Factors that affect empowerment in mothers of children with special needs receiving homecare
Authors: 野口, 郁惠 / 大町, いづみ
Authors (alternative): Noguchi, Ikue / Ohmachi, Izumi
Issue Date: Jul-2020
Publisher: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
Citation: 保健学研究, 33, pp.25-34; 2020
Abstract: 目的:障害をもつ子どもを養育する家族には,子どもと家族が置かれた状況に気づき,問題を自覚し,生 活の調整と改善を図る力,家族エンパワメントがより必要とされる.本研究の目的は障害をもつ子どもの 母親のエンパワメントに影響を及ぼす要因を明らかにすることである. 方法:A障害児施設に外来通院中で,在宅療養中の障害をもつ10歳以下の子どもの母親で,自記式質問票 に有効回答のあった117人を解析対象とした.「家族エンパワメントスケール(FES)」得点を従属変数とし, 関連要因についてMann-WhitneyのU検定,重回帰分析を行い検討した. 結果:対象者の平均年齢は39.3±5.3歳,家族形態は核家族92人(78.6%)が最も多かった.子どもの平均年 齢は5.6±2.8歳で第 1 子が多く,診断からの期間の平均は4.2±3.0年であった.重回帰分析の結果,「診断か らの期間が長い」(p=0.002)「子どもの性別が男児」(p=0.016)「医療職への相談あり」(p=0.029)の順にエンパワメントの高さに有意に関連していた. 結論:母親のエンパワメントを高めるための支援では,より早い専門家からの支援と子どもの性別を考慮 する必要性が示唆された.
Keywords: 障害児 / 母親 / 家族エンパワメント / 在宅 / special needs children / mothers / family empowerment / homecare
URI: http://hdl.handle.net/10069/40215
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 33

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/40215

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace