DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第10巻 第1号 >

New Species of Mosquitoes from Taiwan (Diptera: Culicidae) : Part II. New Species of Tripteroides, Orthopodomyia, Culiseta and Uranotaenia


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm10_01_01_t.pdf1.39 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: New Species of Mosquitoes from Taiwan (Diptera: Culicidae) : Part II. New Species of Tripteroides, Orthopodomyia, Culiseta and Uranotaenia
その他のタイトル: 台湾産蚊族の新種(双翅目:蚊科) : 第二報 Tripteroides, Orthopodomyia, Culiseta及びUranotaenia属の新種
著者: Lien, Jih Ching
著者(別表記) : 連, 日清
発行日: 1968年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 10(1). p1-20, 1968
抄録: The present paper describes the larvae, pupae, males and females of five new species of mosquitoes belonging to genera Tripteroides, Orthopodomyia, Culiseta, and Uranotaenia. These mosquitoes are named Tripteroides (Tripteroides) cheni, n. sp., Orthopodomyia lanyuensis, n. sp., Culiseta (Culiseta) lishanensis, n. sp., Uranotaenia lui, n. sp., and Uranotaenia nii, n. sp. The first two species were found in Lanyu Island (formerly known as Botel Tobago or Kotosho), an offshore island southeast of Taiwan proper, and the remaining three species in Taiwan proper. Following the morphological descriptions, the distribution, biology, and systematics of the species are discussed. / 本編ではTripteroides, Orthopodomyia, Culiseta及びUranotaenia属の新種の成熟幼虫,蛹及び雌雄成虫に就て記載を行なった.これらはそれぞれTripteroides (Tripteroides) chen, n. sp., Orthopodomyia lanyuensis, n. sp., Culiseta (Culiseta) lishanensis, n. sp., Uranotaenia lui, n. sp.及びUranotaenia nii, n. sp.と命名された.前二者は台湾本島東南方の蘭嶼(紅頭嶼)で,他の三種は台湾本島で採集された.Tripteroides cheni, n. sp.はnitidoventer群に属し,T. bambusaに酷似するが,後者とは次の様な相違点がある.1)雄陰茎側面の形状,2)雌の貯精嚢は一箇のみ,後者では三箇,3)成虫の中胸背板の被膜は褐色,後者では黒色.幼虫は区別が難しいが,前胸の4号毛は前者では4~5本,後者では2~3本に分枝する.雄陰茎の側面形状はT. poweliのとはある程度近似する。Orthopodomyia lanyuensis, n. sp.はanopheloides亜群に属し,幼虫は腹部の第一及び第二腹節の6号毛が太くなっている点でO. madrensisに酷似するが,成虫は腹部の腹面が一様に白色ではなく,翅の前縁脈基部の白色部分が狭く,吻の斑紋も異なる点等で区別される.後肢の白色斑紋はO. wilsoniのに酷似するが,幼虫は腹部の第一及び第二腹節の6号毛の形状で異なる.Culiseta lishanensis, n. sp.は印度産のC. niveitaeniataに近似するが,次の諸点で異なる.1)成虫のppn上部に金色の狭曲鱗片がある,後者では可成り巾の広い鱗片がある.2)第四乃至第七腹節背板の基白帯は不完全,後者では完全.3)雄陰茎の側面の形状,側片のsubapical lobeの剛毛が細い,第九腹節の背板突起が相離れている.Uranotaenia lui, n. sp.はU. moultoni及びU. brevirostrisとに近似し,後二者とはsternopleuron及びmesepimeronに巾の広い灰色半透明の鱗片がある点で区別される.中胸背板の色は胸側のと強い対照をなす点でU. brevirostrisよりもU. moultoniに酷似する.Uranotaenia nii, n. sp.の雌はU. hebesとは殆んど相違が認められないが,後者の幼虫,蛹及び雄に関しては未だ記載がない為詳しい比較が出来ない.U. hebesと同一の可能性があるが,同定上の混乱を避ける為新種として命名した.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4026
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第10巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4026

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace