DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第10巻 第2号 >

Experimental Cholera in Mice : I. First Report on the Oral Infection


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm10_02_01_t.pdf569.11 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Experimental Cholera in Mice : I. First Report on the Oral Infection
その他のタイトル: マウスの実験コレラ : I 経口感染に関する第1報
著者: Ujiiye, Atsuo / Nakatomi, Masao / Utsunomiya, Akiyoshi / Mitsui, Kazuko / Sogame, Setsuko / Iwanaga, Masaaki / Kobari, Kazumine
著者(別表記) : 氏家, 淳雄 / 中富, 昌夫 / 宇都宮, 明剛 / 三井, 一子 / 十亀, 節子 / 岩永, 正明 / 小張, 一峰
発行日: 1968年 9月
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 10(2). p65-71, 1968
抄録: The oral infection in mice, strain ICR, was carried out with E1 Tor vibrio, strain V86 and following results were obtained. The multiplication of vibrios, accumulation of fluid in the intestine-especially in the cecum-, diarrhea and death were observed only in the suckling mice younger than about 10 days old. And the multiplication of vibrios in upper part of the small intestine was observed to be less than that in lower part of the small intestine. In 15-day-old mice, only slight multiplication of vibrios without death was observed, however in 30-day-old mice, viable organisms of the challenged vibrios could not be isolated from intestinal samples even at 3 hours and within 3 days after challenge. / マウス(ICR株)を用いてェルトール菌(V86株)による感染実験を行い,次のような結果を得た.生後10日以下の乳のみマウスにおいてのみ,感染菌の増殖,腸管内特に盲腸に液体の貯溜がみられ,また下痢や死亡がみられた.腸管内における感染菌の増殖は小腸上部と下部では,下部に著明である結果を得た.生後15日マウスでは感染菌の増殖が著明でなく,死亡はみらわなかった.生後30日マウスでは,感染菌は感染後3時間ですでにみられず,その後も菌増殖はみとめられなかった.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4031
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第10巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4031

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace