DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第10巻 第2号 >

Serological Groups of Shigella in Japan and Neighboring Countries. A Review


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm10_02_05_t.pdf1.33 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Serological Groups of Shigella in Japan and Neighboring Countries. A Review
その他のタイトル: 日本とその近隣諸国における赤痢菌群分布の展望
著者: Aoki, Yoshio
著者(別表記) : 青木, 義勇
発行日: 1968年 9月
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 10(2). p116-126, 1968
抄録: An outline of the distribution of shigellae in Japan, Korea, Taiwan, Hong Kong, Continental China, the Philippines, and other countries to the south is presented in the form of a survey from data compiled in the literature in terms of the spectrum of Shigella group. Japan is the only country to date with S. sonnei in an absolute majority, though it is gradually increasing also in the other areas. S. dysenteriae and S. boydit are seldom detected in urban communities of Japan but the former is found at a rate of 5 to 10 per cent in the other countries except Taiwan and Hong Kong. The latter appears in the same proportion, particularly in Vietnam. In Japan, the change in the ratio of S. flexneri and S. sonnei has been demonstrable in minute, year by year steps since 1951. In Korea, Taiwan, Hong Kong, and Mainland China an identical change is taking place approximately within a given period of time. / 日本,韓国,台湾,香港,中国大陸,フィリピン,さらに南方各国の赤痢菌分布を赤痢菌群スペクトラムの形に整理した資料で概観した.現在の日本はS. sonneiが絶対多数を占める唯一の国である.S. dysenteriaeとS. boydiiは日本の大都市一帯ではほとんど検出されないが,前者は台湾と香港を除くほかの国々で5~10%に見出され,後者は特にベトナムに大体この率で存在する.S. flexneriの減少とS. sonneiの増加が,日本では1951年以降逐年明示され,韓国,台湾,香港,中国大陸でも,ある時期において大体示されていた.特に中国大陸の大都会の小児患者分離株ではこの傾向が日本より早期かつ顕著であった.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4035
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第10巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4035

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace