DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第10巻 第3号 >

Factors Affecting the Transmissibility of Bancroftian Filariasis by Mosquitoes


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm10_03_02_t.pdf717.26 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Factors Affecting the Transmissibility of Bancroftian Filariasis by Mosquitoes
その他のタイトル: 蚊によるバンクロフト糸状虫症伝搬の危険性に影響する要因について
著者: Omori, Nanzaburo / Wada, Yoshito
著者(別表記) : 大森, 南三郎 / 和田, 義人
発行日: 1968年11月20日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 10(3). p154-160, 1968
抄録: The transmissibility of bancroftian filariasis by a vector mosquito, in other words, the epidemiological danger of filariasis infection due to the mosquito to persons in a community is very important to understand the dynamic states of the disease. It may be expressed by the product of three factors the effective microfilarial prevalence corrected considering the microfilarial density, the effective period of transmission, and the abundance of mosquitoes during the effective period. The epidemiological danger was estimated by using the data obtained in field experiments carried out from 1961 to 1967 at Nagate and Okubo Villages, Nagasaki Prefecture, Japan, under the changing conditions in microfilarial prevalence and density due to the control of vector mosquitoes or the treatment of positive persons by drugs. / ある部落におけるバンクロフト糸状虫症の蚊による伝搬性,即ち人間に対するフィラリア症感染の疫学的危険性は本病の動的様相を理解する上で極めて重要である.これは次の3つの要因の積として表わし得る:(1)仔虫数によって修正した有効仔虫保有率,(2)有効伝搬期間,(3)有効伝搬期間中の蚊の多少.これら3つの要因について,伝搬蚊の駆除あるいは患者に対する投薬によって仔虫保有率が変化しつつある長手及び大久保部落で得られた値を用い,疫学的危険性を吟味した.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4037
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第10巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4037

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace