DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第11巻 第1号 >

1967年,長崎県下におけるEcho 9ウイルス髄膜炎の流行


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm11_01_02_t.pdf537.21 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1967年,長崎県下におけるEcho 9ウイルス髄膜炎の流行
その他のタイトル: Epidemic of Aseptic Meningitis Induced by Echo Virus Type 9 in Nagasaki Area in 1967
著者: 松尾, 幸子 / 岡, 六四 / 与那城, 敏夫
著者(別表記) : Matsuo, Sachiko / Oka, Rokushi / Yonashiro, Toshio
発行日: 1969年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 11(1). p11-15, 1969
抄録: It is known in the recent that epidemics of aseptic meningitis caused by enterovirus have been seen in Japan; in 1960 and 1961 by coxsackie B 5 and A 9 and in the period 1963 through 1966 by coxsackie B 3, B 5, echo type 4, 6 and 12. Sporadic cases caused by B group viruses of coxsackie and echovirus type 1, 2, 7, 9, 11, 14, 25 and 33 had been reported since 1962. However, there were no incidences of epidemic of aseptic meningitis caused by echovirus type 9 in Japan up to 1966. In the early summer in 1967, epidemic of echo 9 virus induced aseptic meningitis had occurred in the north side of Kyushu island including Nagasaki area. The results of study on this epidemic will be mentioned in this paper.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4047
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第11巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4047

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace