DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第11巻 第1号 >

Studies on the Detection of Toxoplasma gondii with Mouse Inoculation Method and Fluorescent Antibody Technic in Slaughtered Pigs


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm11_01_03_t.pdf1.19 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Studies on the Detection of Toxoplasma gondii with Mouse Inoculation Method and Fluorescent Antibody Technic in Slaughtered Pigs
その他のタイトル: マウス接種法および螢光抗体法による屠殺豚からのToxoplasma gondiiの検出について
著者: Nakabayashi, Toshio / Miyata, Akira / Motomura, Ichiro / Noda, Hiroko
著者(別表記) : 中林, 敏夫 / 宮田, 彬 / 本村, 一郎 / 野田, 裕子
発行日: 1969年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 11(1). p16-26, 1969
抄録: Ninety five pigs suspicious of Toxoplasma-infection were selected from 18,867 ones killed at Isahaya City Slaughterhouse and used for the isolation of T. gondii with mouse inoculations of their hilar or hepatic lymph nodes and also for the microscopic detection of the parasite in the lymph nodes with direct fluorescent antibody technic. In the mouse inoculation method, Toxoplasma hemagglutination test was carried out with sera of mice killed 6 weeks after the inoculation of the lymph nodes into the mice. Further, T. gondii strains newly isolated were subinoculated into mice and hamsters to investigate their virulence. The isolation rate of T. gondii was 8/95 or 8.4%, while 33 of 95 (34.7%) were positive in hemagglutination test. Fluorescent antibody technic indicated a positive response in 19 of 95 pig lymph nodes (20.0%). Eight T. gondii strains were isolated and demonstrated a high virulence for mice and hamsters. In this paper, the methods used and the above mentioned results are stated in detail and discussed. / 長崎県諫早市立屠場に1966年12月より1967年3月までに搬入された豚18,867頭より,屠場獣医師の協力により選抜されたトキソプラズマ症の疑いある病変豚(肺水腫,肝壊死斑,腸充血など)95頭の肝または肺門リンパ腺の螢光抗体法(直接法)により原虫検出,マウス接種法による原虫分離,および接種マウスのHA抗体価を測定し,それらの成績を比較検討した.また分離された株の毒性についてもRH株と比較し検討した.1.マウス接種法によるトキソプラズマ原虫分離は95例中8例(原虫分離率8.4%)で,いずれも栄養型が検出された.分離8株中5株は継代初期においては,シスト型も検出された.2.マウス接種法によるHA抗体価陽性(256倍以上陽性)は95例中33(陽性率34.7%)であった.原虫分離8株はいずれもHA陽性であった.3.豚の肝または肺リンパ腺の割面スタンプ標本の,螢光抗体法(直接法)によるトキソプラズマ原虫の検出率は95例中19例(検出率20.0%)であった.この19例中4例からマウス接種法により原虫が分離できた.4.分離株のマウスおよびハムスターに対する毒性はRH株と同じ程度かやや弱毒であった.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4048
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第11巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4048

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace