DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第11巻 第1号 >

Low Susceptibility of Common Snakes in Japan to Japanese Encephalitis Virus


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm11_01_04_t.pdf626.85 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Low Susceptibility of Common Snakes in Japan to Japanese Encephalitis Virus
その他のタイトル: 日本脳炎ウイルスに対する日本産蛇の感受性の検討
著者: Mifune, Kumato / Shichijo, Akehisa / Ueda, Yoshiaki / Suenaga, Osamu / Miyagi, Ichiro
著者(別表記) : 三舟, 求真人 / 七条, 明久 / 上田, 芳秋 / 末永, 斂 / 宮城, 一郎
発行日: 1969年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 11(1). p27-32, 1969
抄録: No virus could be isolated from sera of 305 wild snakes captured in nature, but hemagglutination-inhibition antibody was found in 6 of 270 snakes only at low titer. Sixty-four snakes were inoculated with JE virus, at various temperatures and attempted for virus recovery from the blood of them at intervals of 1-7 days during the experimental periods of 27-40 days. In only five cases the virus was recovered once for all on the third day (two cases), on the fourth day (one case) and on the sixth day (two cases) after inoculation. HI antibody developed in just one of 60 snakes at low titer, however, no response of NT antibody could be observed in 15 paired sera. These findings seem to imply that the common wild snakes in Japan are low susceptible to JE virus and they are in turn considered to play a minor role in epidemiology of Japanese encephalitis. / 1967年4月から10月にかけて採取されたヤマカガシ213匹,アオダイショウ28匹,シマヘビ49匹,ヒバカリ6匹,ジムグリ4匹,マムシ4匹合計305匹から日脳ウイルスの分離を試みたがすべて陰性であった.これらの蛇のHI抗体保有はアオダイショウ3匹,シマヘビ2匹,マムシ1匹に10乃至40倍という低い値であったがこれが真にHI抗体か否かはなお検討の要が考えられた.59匹の蛇を用い実験的感染を試みた.感染には10^<2.5>MLD_<50>の日脳ウイルスを腹腔内に接種し,25℃,室温,15℃,4℃の温度条件で飼育,また途中でウイルスの活性化を目的とし低温飼育から高温飼育に環境を変化させることも行なった.ウイルス接種後,数日おきに採血し,ウイルス血症の有無,HI抗体の上昇を検査した.ヤマカガシ2匹が,ウイルス接種後3日目と6日目に,シマヘビ1匹は5日目に,ヒバカリ及びジムグリのそれぞれ1匹が4日目と6日目に血液からウイルスが分離されたがそれ以後はウイルスの分離は出来なかった.平均30日後のHI抗体上昇の検査ではヤマカガシ28匹中1匹のみに10倍という低い値を示した.以上の事実から蛇の日脳ウイルスに対する感受性は予想以上に低いことが考えられるが蛇の日脳ウイルス増巾に果す役割は,ウイルス感染系路,飼育条件,抗体様成分の解析を吟味し検討した後明かにされるであろう.しかし今後,蛇以外の冷血動物に関しても広汎な実験を行う必要がある.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4049
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第11巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4049

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace