DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第12巻 第3号 >

Three Stages of Cholera


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm12_03_03_t.pdf4.76 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Three Stages of Cholera
その他のタイトル: コレラの三期
著者: Watanabe, Toyosuke / Shozawa, Takeshi / Kunita, Yukie / Sekine, Ichiro / Kobari, Kazumine / Sogame, Setsuko / Nakatomi, Masao
著者(別表記) : 渡辺, 豊輔 / 所沢, 剛 / 国田, 五重 / 関根, 一郎 / 小張, 一峰 / 十亀, 節子 / 中富, 昌夫
発行日: 1970年12月15日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 12(3). p113-121, 1970
抄録: Cholera is regarded as the most acute of the acute enteritides. This fact has apparently caused the general impression that there is only one stage in the course of cholera. So acute as it may be, a clear cut shift of pathological changes in the intestinal mucosa of cholera patients are recognizable, if we arrange autopsy cases in time order after onset of the disease. There are 3 stages, the first, stage of inflammation, the second, stage of villus fusing and the third, stage of villus resolution. The materials were 12 cases of infant cholera, which died in 1968 and 1969 in the San Lazaro Hospital, Manila, Philippines. / コレラは急性腸炎の中でも最も急性のものとされている.此の事実がコレラには一期しかないと云ふ観念を一般に植え付けたものと思われる.然し,如何に急性の疾患とは云え,コレラの剖検例を発病後の経過時間によって整理して見ると,小腸粘膜の形態学的変化に明かな推移が認められる.我々は此を三期に分類した.第一期,炎症期,発病後十数時間迄.第二期,絨毛癒着期,発病後二十四時間以後.第三期,癒着緩解期,発病後推定二,三週,症例は1968年,1969年に比島,マニラ市,サンラザラロ病院で死亡した小児コレラ12例である.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4076
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第12巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4076

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace