DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第12巻 第4号 >

Further Studies on Tamaoki's Antigen Factor S1 of Cholera Vibrio; Appearance in El Tor Vibrios and Comments on This Factor


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm12_04_06_t.pdf769.2 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Further Studies on Tamaoki's Antigen Factor S1 of Cholera Vibrio; Appearance in El Tor Vibrios and Comments on This Factor
その他のタイトル: 玉置の抗原因子S1についての研究続報,エルトール型コレラ菌におけるその出現と本因子の本態
著者: Tsutsumi, Tsuneo
著者(別表記) : 堤, 恒雄
発行日: 1971年 1月
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 12(4). p236-246, 1971
抄録: The antigen factor S1 could be demonstrated in laboratory strains of El Tor vibrios as well, though in a low frequency as compared with that of classical cholera vibrios. The rate of its occurrence in all the laboratory strains appeared to be related to the preservation period or age of them, but not to the mentioned categories of cholera vibrio or the serotypes. The strains possessing S1 were agglutinated with anti-R-serum in parallel and were sensitive to the killing effect of the complement. Although they were not rough variants by the conventional criteria, it may be said that they were in a precursor stage of the smooth-to-rough variation. This antigen as well as R antigen was detectable also in a part of newly isolated El Tor strains, but these strains were not sensitive to the complement as expected. To this case, the mentioned "age relation" in the laboratory strains is not applicable. The possibility of early development of the serological R variant in the epidemic strains was discussed on the data of the literature. / 抗原因子S1はエルトールコレラ菌の教室保存菌株でも検出された.ただその検出率はクラシック型コレラ菌に比して低率であった.保存菌全株についてのその出現率は菌株の保存期間すなわち「古さ」に関連し,上記のコレラ菌の区分やその血清型とは無関係であった.S1保有菌は抗R血清によって同時に凝集されまた補体の殺菌作用に感受性であった.本菌は通常の基準によるR型変異菌ではないが,S→R変異の前駆的段階にあるものと称し得よう.本因子はエルトール菌新鮮分離株の一部においても立証されたが,補体感受性は期待に反して認め得なかった.この場合には上記の「古さ」の関係は適用できない.血清学的R型変異が流行菌株の場合このように早期にも起る可能性を文献上から考察した.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4084
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第12巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4084

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace