DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第13巻 第2号 >

Immunofluorescent Studies on a New Early Antigenic Product in Reovirus Type 3 Infected Cells


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm13_02_03_t.pdf1.88 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Immunofluorescent Studies on a New Early Antigenic Product in Reovirus Type 3 Infected Cells
その他のタイトル: Reovirus 3型感染細胞内における初期抗原の研究
著者: Shinjo, Sumiko
著者(別表記) : 新城, 澄子
発行日: 1971年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 13(2). p61-72, 1971
抄録: Present studies were performed to examine whether or not the antigen(s) in infected cells with reovirus type 3, particularly which is distinct from virus capsid antigen, could be produced when the virus progeny was not detected. In complement fixation test, the antigens of early extract prepared from infected cells 1 hour after infection and of purified virus cross-reacted with the antisera against purified virus (V antiserum) and early extract (E antiserum). It was suggested that a certain antigenic substance might be contained in both early extract and purified virus or that the capsid antigen of input virus might be contaminated in early extract. However, the fluorescent antigen which only reacted with E antiserum, not with V antiserum appeared in infected cells as early as from 1 to 4 hours after infection before the appearance of virus capsid antigen. This fluorescent antigen began to decrease after 10 hours and it was still observed at 20 hours, while, the virus capsid antigen appeared at 4 hours after infection, and developed continually during the course of infection. The effect of actinomycin D or cytosine arabinoside on the development of this antigen was not essential, although the first appearance was postponed about 3 hours. Puromycin and 6-azauridine completely inhibited the synthesis of this antigen. This antigen might be coded for virus RNA. / 本研究は,reovirus 3型感染細胞内において,virus capsid抗原とは異なった抗原が,感染初期に産生されるか否かを企図して行なったものである.補体結合反応では,感染1時間後の細胞抽出液でモルモットを免疫した抗血清(抗E血清)は,自原はもとより,精製virus抗原にも反応した.一方,この抽出液は抗reovirus 3型血清(抗V血清)にも反応する事が判った.この事実は,抽出液及び精製virusに共有される抗原物質に原因するか,或いは接種virusの混入に帰因するかの何れかが考えられた.次に,抗E血清及び抗V血清を用い螢光抗体法の間接法によって感染細胞内に産生される特に感染初期の抗原について検討した.そして,virus capsid抗原が未だ認められない時期,即ち,感染初期の1時間から4時間に出現する抗原のあることが判った.この抗原は,感染後10時間目から消褪し始め,感染20時間後もなおわずかに残存するのを観察した.他方,virus capsid抗原による螢光は,感染後4時間目より出現し,感染20時間後でも消褪する事はなかった.この際,抗E及び抗V血清は,実験に使用する細胞で充分吸収されたものである.即ち,感染1時間目の細胞から得た抽出抗原はvirus capsid抗原とは異なった産生過程を示し,感染の初期に出現する新しい抗原であると考えられた.この抗原の産生は,actinomycine Dや, cytosine arabinosideによって阻止されず(但し,抗原の出現する時間は約3時間のずれがある.),puromycineや6-azauridineの存在下では完全に阻止された.この事実は,上記の抗原が,virus RNAによってcodeされたものである事を示唆していると思う.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4091
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第13巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4091

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace