DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第13巻 第3号 >

産婦人科領域における尿路感染症の細菌学的研究,特にL-Form検出の意義について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm13_03_02_t.pdf2.86 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 産婦人科領域における尿路感染症の細菌学的研究,特にL-Form検出の意義について
その他のタイトル: The Study on Etiologic Agents of Urinary Infections in the Field of Obstetrics and Gynecology with Special Reference to the Significance of L-form
著者: 陳, 建郎
著者(別表記) : Chen, Chien-Lang
発行日: 1971年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 13(3). p116-133, 1971
抄録: For the purpose of the investigation of etiologic agents of urinary infections in the field of obstetrics and gynecology, the bacteriological examinations were carried out on 29 outpatients and 160 patients admitted at the Japan Red Cross Nagasaki Atomic Bomb Hospital. From the examinations, 243 strains of presumed etiologic microorganisms were isolated. Escherichia coli was predominating among them, more than the whole, and more or less 10 to 20% of Klebsiella, Proteus and Pseudomonas were isolated. It was noted that antibiotic-resistant strains were found more frequently in cases treated repeatedly with various kinds of antibiotics than others. The investigation of L-form was carried out 203 times on 31 cases. Twenty two L-form variants were proven from seven cases. It was noteworthy that an appearance of L-form seemed to predict a prognosis of repeated urinary infections and prolonged infections. Considering the situation in which various kinds of antibiotics will be more popularly used for the treatment of urinary infections, it is supposed that occurrences of L-form variation will be augmented. Since the significance of L-form is important, it should be emphasized to do L-form investigation combinedly with ordinary bacteriological examination of urine in the study of urinary infections. / 産婦人科領域の尿路感染症外来患者29名及び入院患者160名より検出した29株及び214株について細菌学的同定,薬剤感受性を調べた.また31症例(207回)中7例(22回)に L-form を検出し,臨床細菌学的検査を行ない,L-form 検出について若干の考察を加えた.いずれにしても,産婦人科領域の尿路感染症で, L-formが検出されるということは,抗生剤乱用のいましめのほか,復帰細菌による病原性の発揮という事実が潜んでいること,従ってそれは予後の判定の一資料として意義をもつものと考える.このような背景から,産婦科領域の尿路感染症では細菌学的追跡検査による起炎菌の推移確認のほか常にL-formの検査も同時に行うことが必要であると思う.本論文の一部は第90回日産婦長崎県地方部会,日母長崎県支部会に発表した.擱筆に当り,小張一峰教授,林薫教授,氏家淳雄助教授のご指導およびご校閲を深謝致します.なお終始御指導御助力を賜った長崎大学産婦人科三谷靖教授,自見昭司助教授,久保田健二講師,及び日赤長崎原爆病院産婦人科部長藤田長利博士,更に東京大学吉利内科清水喜八郎博士,久留米医大樋口正士博士に深甚の謝意を表する.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4096
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第13巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4096

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace