DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第13巻 第3号 >

Notes on the Aedes (Finlaya) chrysolineatus Subgroup in Japan and Korea (Diptera: Culicidae)


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm13_03_04_t.pdf1.06 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Notes on the Aedes (Finlaya) chrysolineatus Subgroup in Japan and Korea (Diptera: Culicidae)
その他のタイトル: 日本及び朝鮮産のAedes (Finlaya) chrysolineatus Subgroupの蚊について(双翅目:蚊科)
著者: Miyagi, Ichiro
著者(別表記) : 宮城, 一郎
発行日: 1971年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 13(3). p141-151, 1971
抄録: 日本(北海道,青森,長崎,沖縄)及び朝鮮Seoul, Cheju Is.産のAedes (Finlaya) chrysolineatus subgrupに属する294個体(成虫:147,幼虫147)の標本はKnight (1947,1968),佐々(1950),及び榊原等(1962)の記載に従って3種Aedes (Finlaya) japonicus (Theobald) 1901, Aedes (F.) koreicus (Edwards) 1917, Aedes (F.) koreicoides Sasa et al 1950に同定された.この内japonicusは日本,台湾,朝鮮,中国,ソ連に広く分布する種で,朝鮮,中国,日本(?)に分布するkoreicusに酷似し,両種を区別している主要な特長に変異が見られ,〓混乱が生じて来た.著者は各地の標本をもとに主要な特長の変異性を調べSeoul産のkoreicusと比較した結果,両種の間に次の様な形態的特長を改めて確認した.幼虫はjaponicusでは先方1-4本の呼吸管棘が異常に発達し,棍棒状で広間隔に位置するのに対し,koreicusはすべての呼吸管棘が略同じ大きさで歯状をなし,等間隔に位置する.成虫ではjaponicusはssp (subspiracular area)の白色扁平鱗を全く欠く(極稀に北海道産の標本に1-2個の白色扁平鱗が見られた)がkoreicusでは常に2-20個の白色扁平鱗を有する.上記の他従来同定に用いられた後脚第4〓節の基白帯があげられるが,変異しやすく,特に北海道産はkoreicusと同様第4〓節にも白帯を有する個体が多く,この特長だけでは両種は区別出来ない.山口等(1950)は北海道にもkoreicusが分布することを認めているがjaponicusの誤同定の可能性が大きく,著者はkoreicusは本邦に分布しないと考えている.沖縄,台湾のjaponcusは日本本土産に比較してppn (posteria pronotum)の白色扁平鱗が少なく,頭頂中央部の白色直立又状鱗が多いことから亜種,Aedes japonicus shintiensisとして連(1962),及びKnight (1968)は取扱っているが,この2形質は変異性にとみ,九州産の同一地域から得た個体間にも可成りの変異が見られ,それ等の多くは台湾産と全く区別出来なかったので台湾,沖縄産もjaponicusと同定し,Ae. shintiensisはここではjaponicusのsynonymとして取扱った.佐々等(1950)によって北海道から最初に記載されたkoreicoidesは後に榊原等(1962)によって幼虫,蛹が記載され,chrysolineatus subgroupに属する一種として取扱われて来たが最近Knight (1968)が発表した東南アジア(日本含む)産のchrysolineatus subgroupのモノグラフ中には本種は記録されていない.榊原等が指摘している様に本種の幼虫の形態がこのsubgroupに属するすべての種と大いに異なり,Ae. (F.) nipponicus LaCasse et alに似ているなど,本種をこのsubgroupに入れることには多少の疑問があり,今後検討の余地はあるが著者は成虫の外部形態がkoreicusに似ていることから本論文ではKnight (1968)が提唱したchrysolineatus subgroupの一種として取扱った.日本及び朝鮮産の3種は本文中の検索表によって容易に区別出来る.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4098
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第13巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4098

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace