DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第13巻 第4号 >

Two autopsy cases of a peculiar disease, so called Pulseless Disease


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm13_04_04_t.pdf2.42 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Two autopsy cases of a peculiar disease, so called Pulseless Disease
その他のタイトル: 日本における奇妙なる動脈疾患 : 脈なし病
著者: Yamashita, Kanehiko / Kunita, Yukie
著者(別表記) : 山下, 兼彦 / 国田, 五重
発行日: 1971年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 13(4). p185-192, 1971
抄録: Two autopsy cases of "Pulseless Disease", a peculiar disease of the aorta and its branches, are reported in this paper. In "Pulseless Disease" autopsy cases of old persons are relatively rare. The two cases are both of old persons, and show not only stenosis or obstruction as indicated by the name, "Pulseless Disease", but also marked dilatation of arterial lumen. There are no histological differences between stenosed and dilated portions. One of the two cases demonstrates so-called "Atypical coarctation of the aorta", and the other is combined with severe atherosclerosis with marked calcification. / いわゆる「脈なし病」の名で呼ばれ,大動脈とその主要分枝に主病変を有する疾患の二剖検例を経験したので報告した.「脈なし病」の高令者の剖検例の報告は比較的少ないが,本症例は二例共に高令の症例である.又,本疾患ではその名が示すとおり動脈内腔の狭窄あるいは閉塞を来たすことが特徴であるが,こうした所見に加え,本剖検例では一部に動脈瘤様となった部を含め著明な動脈内腔の拡張が同時に認められた.一方,組織学的には,狭窄部,拡張部の間に差違は認められなかった.二例の中一例は異型大動脈縮窄症の所見があり,他は著明な石灰化を伴った高度の動脈硬化症を伴っている.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4103
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第13巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4103

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace