DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第14巻 第2号 >

腸炎における粘膜構造の改築特に絨毛癒着の意義に就て


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm14_02_03_t.pdf6.35 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 腸炎における粘膜構造の改築特に絨毛癒着の意義に就て
その他のタイトル: Structural Change of Small-Intestinal Mucosa in Enteritis : Role of Villus Adhesion in its Histogenesis
著者: 国田, 五重
著者(別表記) : Kunita, Yukie
発行日: 1972年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 14(2). p86-96, 1972
抄録: The acute enteritis of cholera, at a glance, confusingly resembles the chronic enteritis of sprue, celiac disease etc. No wonder, the mal-concept, the enteritis of cholera being a chronic one, is wide-spread. The author produced in guinea-pigs a severe acute enteritis, which gives a strong impression of a "chronic enteritis", by means of intraduodenal inoculation of Salmonella Typhi Murium. She tried to analyze this tremendous peracute structural change of the small-intestinal mucosa from the point of view, epithelial fusing of villi, suggesting a new idea, that the inflammation does not bring about the only one form, i.e. fibrous adhesion but there is an another form of inflammatory adhesion, i.e. epithelial adhesion.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4115
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第14巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4115

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace