DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第14巻 第3号 >

日本脳炎予防対策としての豚人工免疫の効果に関する理論的考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm14_03_05_t.pdf1.49 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎予防対策としての豚人工免疫の効果に関する理論的考察
その他のタイトル: Theoretical Considerations on the Effects of Pig Immunization as Preventive Measures for Japanese Encephalitis
著者: 和田, 義人
著者(別表記) : Wada, Yoshito
発行日: 1972年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 14(3). p151-163, 1972
抄録: The effects of pig immunization as preventive measures for Japanese encephalitis were theoretically considered, with the aid of the model (slightly modified from Wada, 1972) for Japanese encephalitis epizootic in pigs. From the results obtained, the following points were implied: By the artificial immunization of pigs, the time of epizootic in pigs, and therefore epidemic in man, is delayed, the number of infected pigs decreases, and the rate of pigs having antibody becomes high. The degree of such changes is generally higher, when the density of vector mosquitoes is lower or the number of immunized pigs is larger. The number of transmissible mosquitoes, which is considered roughly proportional to the number of human cases if other conditions are the same, can be reduced greatly by the pig immunization, however the reduced number is still fairly large when the density of mosquitoes is very high. / 日本脳炎流行の理論モデルを用いて,日本脳炎の予防対策としての豚人工免疫の効果についての理論的考察を加えた結果,次の諸点が推論された:豚人工免疫によって,日本脳炎の流行時期はおそくなり,感染を起す豚数は減少し,抗体保有豚の率は高くなる.これらの変化の程度は,一般には伝搬蚊の密度が低く人工免疫する豚数が多いほど大きい.豚人工免疫は,人が日本脳炎に感染する危険性を大きく減らすことができるが,日本脳炎の予防対策としては,特に伝搬蚊の数が多い場合には,それだけでは不充分である.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4121
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第14巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4121

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace