DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第1号 >

Ecology of Vector Mosquitoes of Japanese Encephalitis, Especially of Culex tritaeniorhynchus summorosus. 5. Overwintering of Culex tritaeniorhynchus summorosus and Anopheles sinensis


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_01_02_t.pdf1.07 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Ecology of Vector Mosquitoes of Japanese Encephalitis, Especially of Culex tritaeniorhynchus summorosus. 5. Overwintering of Culex tritaeniorhynchus summorosus and Anopheles sinensis
その他のタイトル: 日本脳炎伝搬蚊,特にコガタアカイエカの生態5.コガタアカイエカとシナハマダラカの越冬
著者: Wada, Yoshito / Oda, Tsutomu / Mogi, Motoyoshi / Suenaga, Osamu / Miyagi, Ichiro / Omori, Nanzaburo / Ito, Sumiyo / Nishigaki, Jojiro
著者(別表記) : 和田, 義人 / 小田, 力 / 茂木, 幹義 / 末永, 斂 / 宮城, 一郎 / 大森, 南三郎 / 伊藤, 寿美代 / 西垣, 定治郎
発行日: 1973年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(1). p11-22, 1973
抄録: The time of awakening from winter diapause in Culex tritaeniorhynchus summorosus and Anopheles sinensis was examined from the data of mosquito catches in winter and early spring from 1965 to 1971 in the Nagasaki area. The results indicated that at least until the end of February most females of G. t. summorosus are still in a diapausing state, i. e., they do not feed on animals even on a warm day, while many of An. sinensis females are in such a physiological state already in January that they can feed on animals if the temperature is high enough for their flight activity. From the observations in the field and the experiments in the laboratory, it was implied that the main overwintering place of C. t. summorosus, and probably An. sinensis too, is the underground small space of stone walls, banks and the likes which are common in the terraced rice field area. / コガタアカイエカとシナハマダラカの雌成虫が冬期の休眠から覚醒する時期を,長崎地方で1965-1971年の冬及び早春に採集した蚊の資料を用いて吟味して,次の結果を得た.コガタアカイエカの大多数の雌成虫は少なくとも2月の末までは休眠状態にあり,暖い日であっても吸血に来ることは殆んどない.これに反してシナハマダラカの雌成虫の多くは1月には既に休眠から覚醒していて,気温が飛翔活動に充分なほど高くさえあれば,多数の吸血蚊が観察される.野外及び実験室での観察から,コガタアカイエカが(そしておそらくシナハマダラカも)越冬するのは,階段状の水田が多くある地方の石垣や土手などの中の小さなすき間であるように思われる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4129
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4129

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace