DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第1号 >

ECHOウイルス11型の HeLa細胞の染色体に及ぼす形態的変化


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_01_07_t.pdf1.68 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ECHOウイルス11型の HeLa細胞の染色体に及ぼす形態的変化
その他のタイトル: Morphological Study on Chromosomes of HeLa Cells Infected with ECHO Virus Type 11.
著者: 平, 伸明
著者(別表記) : Taira, Nobuaki
発行日: 1973年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(1). p61-67, 1973
抄録: Karyotype pattern of the cells persistently infected with small plaque variant viruses isolated from ECHO virus type 11 (gregory strain) was studied after several passages of subculture. The results are as follows. 1. The mode of chromosome number in infected HeLa cells was 67 (28%) with the range from 62 to 69, while those in uninfected cells (control) was 68 with the range from 66 to 68. 2. The karyotype analysis of infected cells revealed a decrease in groups B, C and D, and an increase in group A, F and G. 3. Such chromosome aberrations as double minutes and dicentries were observed in infected cells.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4134
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4134

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace