DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第3号 >

Toxicity of Agricultural Chemicals to Larvivorous Fish in Korean Rice Fields


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_03_01_t.pdf669.99 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Toxicity of Agricultural Chemicals to Larvivorous Fish in Korean Rice Fields
その他のタイトル: 韓国の水田の蚊幼虫捕食性魚類に対する農薬の毒性
著者: SHIM, J. C. / SELF, L. S.
発行日: 1973年10月20日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(3). p123-130, 1973
抄録: An important consideration regarding the maintenance or increase of fish populations in rice field areas in relation to Japanese encephalitis is whether the agricultural chemicals applied to rice fields are harmful to fish. This study has shown that the herbicide PCP, which is commonly used in South Korea during the rice-transplanting period, is highly toxic to Aplocheilus latipes and Zacco platypus. Both species are larvivorous and offer promise in integrated vector control. On the other hand, certain organophosphorus materials applied for rice pest control and the herbicide 2-4 D did not appear to be toxic to fish populations. / 水田地域における魚類個体群の維持と増加にとって,水田に撒布される農薬が魚に有害かどうかゞ重要である.韓国南部で田植時期に普通に使用される除草剤PCPは,Aplocheilus latipesメダカ及びZacco platypusオイカワに対して強い毒性を示す.両種は蚊の幼虫を捕食するので,蚊の総合防除に当り考慮されるべきものである.一方,稲作害虫に対して撒布される有機燐剤や除草剤2-4Dは魚類個体群に有毒ではないようであった.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4141
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4141

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace