DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第4号 >

Toxicity of Agricultural Pesticide Applications to Several Mosquito Species in South Korean Rice Fields


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_04_01_t.pdf1.35 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Toxicity of Agricultural Pesticide Applications to Several Mosquito Species in South Korean Rice Fields
その他のタイトル: 韓国南部の水田における農業用殺虫剤撒布の数種蚊に対する毒性
著者: Self, L. S. / Tonn, R. J. / Bai, D. H. / Shin, H. K.
発行日: 1973年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(4). p177-188, 1973
抄録: A study carried out in rural areas of South Korea has revealed that farmer pesticide applications of fenitrothion, fenthion and certain other organophosphorus materials are highly toxic to mosquito larvae. The rates of application (0.3 to 0.9kg/ha), although not highly residual, are from 4 to 8 times higher than those required for Cu. tritaeniorhynchus control. The commonly used knapsack sprayer provides very thorough coverage on small (≤ 1ha) farmer plots. Application by power equipment and helicopters also provides excellent larval control. In comparison to previous years, the marked increase in pesticide usage may be a partial explanation for the much lower incidence of Japanese encephalitis in rural area. / 韓国南部の農村で行なった研究から,農民が撒布するフェニトロチオン,バイテックス及びその他の二,三の有機燐剤は蚊の幼虫に対して極めて有効であることがわかった.0.3-0.9kg/haの撒布は,残留性は大きくないけれども,コガタアカイエカの防除に必要な量の4-8倍に達する.普通に用いられている背負式噴霧機は狭い区画(1ha以下)に徹底して撒布するのに便利である.動力噴霧機やヘリコプターによる撒布もまた蚊の防除に優れた効果を示す.前年までと比較して,殺虫剤の使用量が増加したことが,農村での日本脳炎患者数の減少の1つの原因かもしれない.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4147
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4147

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace